iqos

【夫婦併用OK】イクオスの成分は女性育毛剤より効果が期待できる!

以前は「薄毛といえば男性の悩み」と考えられていました。

しかし、最近では女性にも薄毛で悩む人は多く、女性用育毛剤やウィッグも登場しています。

男性に人気のイクオスですが、女性の薄毛にも効果はあるのでしょうか?また、女性特有の副作用はないのでしょうか?

この記事では、薄毛のケアに興味を持っている女性のために、女性に必要な情報を詳しくまとめました。

イクオスは女性の薄毛にも効果はある?

先に結論をお伝えしますが、イクオスは女性の薄毛にも効果があります。

育毛剤には男性用と女性用がありますが、イクオスは元々男女ともに効果が出るように作られています。

成分を確認しても、副作用が出るような強いものや添加物は一切使われていないため、肌の弱い女性にも安心です。

後ほどくわしく説明していきます。

女性はどのような原因で薄毛になるの?

男性の場合は加齢や遺伝、生活習慣が原因で薄毛になることが多いですが、女性はどうなのでしょうか。

以前から、産後や更年期などホルモンバランスが大きく崩れる時に薄毛になる女性は多くいました。しかし、最近は10〜20代の若い女性にも薄毛で悩む方が増えてきました。

女性の薄毛の原因は主に下記の3つです。

・ホルモンバランスの乱れ(出産や閉経など)
・加齢による頭皮状態の変化
・生活習慣の乱れ

1つずつご説明します。

女性の薄毛の原因①:ホルモンバランスの乱れによるFAGA

FAGAはFemale Androgenetic Alopeciaの略で、日本語に訳すと女性男性型脱毛症となります。

一般的な男性の薄毛(AGA)とは薄毛のなり方や進行の仕方、原因が異なるため区別する意味で独自の名前がつけられました。

ちなみに、薄毛に悩んでいる女性の3〜5割がFAGAタイプだと言われています。

男性の薄毛は、主におでこや頭頂部から薄くなっていくのが一般的です。

一方、女性の場合は髪の分け目を中心に抜け毛が増えて、「地肌が見えるなぁ」「ボリューム感が無くなってきたなぁ」といった印象になります。

FAGAは、びまん性脱毛症とも呼ばれています。びまんとは、「面」という意味。髪全体がペタンコになっていく、女性に多いタイプの脱毛のことです。

女性でも男性ホルモンが分泌されていますが、若いうちは女性ホルモンの方が多く分泌されています。

しかし、加齢や閉経により女性ホルモンの量が減少すると、相対的に男性ホルモンが多くなります。

男性ホルモンの一種にジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるものがあり、5αリダクターゼという酵素と結合することで毛根の働きが弱くなり、薄毛に繋がります。

女性でもこの男性ホルモンは分泌されますので、薄毛になることがあるのです。

女性の薄毛の原因②:加齢による頭皮状態の変化

歳を重ねると、体の見える部分だけではなく頭皮も老化します。頭皮の状態は薄毛と密接な関係がありますので見過ごせません。

頭皮は様々な影響を受けて状態が悪くなっていきます。例えばパーマやカラー、紫外線、乾燥、過剰な皮脂などが悪影響の原因となります。

髪の毛は細胞分裂によって伸びていきますが、上記のダメージを受けることにより細胞分裂する力が弱くなり、毛周期が乱れて抜け毛が増えるのです。

女性の薄毛の原因③:生活習慣の乱れ

「夜遅くまで仕事をしている」「忙しくて栄養バランスの取れた食事ができない」という方も多いでしょう。実は、生活習慣と薄毛は密接に関連しています。

髪の毛は、アミノ酸や亜鉛、カルシウム等が原料です。様々な成分を元にして髪の毛は作られているのです。

髪の毛が成長するための満足な栄養が得られない場合、細くて弱々しい髪の毛になったり、抜け毛が増えたりします。食事は健康的な髪の毛とも密接に関連しているのです。

また、睡眠不足も薄毛の原因の一つ。理由は、睡眠中に分泌される成長ホルモンが髪の毛の成長と密接に関連しているため。

仕事や子育てで忙しい方は十分な睡眠を取るのが難しいかもしれませんが、「十分な睡眠で薄毛は改善される可能性がある」と覚えておきましょう。

どうしてイクオスは女性の薄毛にも効果があるの?

女性の薄毛の原因や男性との違いについてご説明してきました。

イクオスはどのような仕組みで女性の薄毛を改善するのか?どんな成分が薄毛の改善に役立っているのか?まとめました。

イクオスの効果①:男性ホルモン(DHT)の働きを抑える

女性の薄毛の原因は、男性ホルモンの量が増えることや相対的に男性ホルモンが多くなることによるFAGA(女性男性型脱毛症)です。

男性ホルモンの中でも薄毛に影響を与えるのは、DHTと呼ばれるもの。

薄毛を改善するには、このDHTの分泌を抑える必要があります。ちなみにDHTは単体の場合、薄毛に大きな悪影響は与えません。

5αリダクターゼという酵素と結合することで、薄毛を進行させます。

イクオスには以下のような成分が含まれています。

  • オウゴンエキス
  • クララエキス
  • 大豆エキス
  • ヒオウギ抽出液
  • ビワ葉エキス

これらが5αリダクターゼの分泌を抑制するので、結果的に薄毛を改善することに繋がります。

中でもオウゴンエキスは効果が大きいです。5αリダクターゼの働きの77%を抑えてくれるので、薄毛の改善には欠かせません。

TGF-βを阻害して二段階でDHTをブロックする

しかし、5αリダクターゼの働きが抑えられても、DHTが生成されるのを100%抑制することはできません。

大きな影響を与えないとはいえ、DHTが生成されると薄毛は進行します。それを防ぐため、イクオスには脱毛因子であるTGF-βをブロックするための成分も含まれています。

イクオスは薄毛を防ぐ仕組みが何重にもなっているため、他の育毛剤に比べて高い効果があるのです。

イクオスの効果②:頭皮や毛髪の状態を改善する

加齢にともなって頭皮や毛髪の状態は悪くなります。

イクオスには7種類のアンチエイジング成分が配合されています。頭皮の細胞分裂を活性化したり、皮脂の過剰な分泌を抑えてくれるのです。

イクオスは他の育毛剤と比較して多くのアンチエイジング成分が配合されており、具体的には以下の成分があります。

  • アシタバエキス
  • イエローヒマラヤンラズベリー根エキス
  • セージエキス
  • ベニバナエキス
  • オドリコソウエキス
  • サクラ葉抽出液
  • ローズマリーエキス
  • ユキノシタ
  • シルバーバイン果実
  • ウメ果実

女性用育毛剤として有名な「マイナチュレ」や「花蘭咲」には含まれていない成分も、イクオスには多く含まれています。

人によっては女性用を選ばずに、成分を見てイクオスを選ぶ方もいます。

イクオスの効果③:Algas-2が育毛を促進してくれる

薄毛を改善するには、髪を生やすだけではなく、すでにある髪の毛を太くて丈夫なものにすることも大切です。

2016年のリニューアル前からイクオスにはM-034(海藻エキス)が含まれていました。イクオスと並んで人気のあるチャップアップにも含まれている成分です。

リニューアル後は、新しい成分であるAlgas-2が加わりました。M-034とペルベチアカナリクラタエキスを独自ブレンドして作られたものです。

新しい成分のAlgas-2は、120中93人もの方が3ヶ月以内に育毛効果を実感したという実証データが得られています。

ただ新しいものを配合したわけではなく、しっかりとエビデンスがあります。安心して使えますね。

サプリも女性の薄毛を改善できる!

育毛剤だけでなく、イクオスサプリEXも女性の薄毛改善に効果があります。

育毛剤と同じく2016年にリニューアルれており、他のサプリに比べて配合成分の種類や量が非常に多いのが特徴です。

特に、下記は育毛に欠かせない成分です。

  • 亜鉛:髪の毛を作るための補助になる
  • イソフラボンエキス:女性ホルモンの生成を促進させる
  • カプサイシン:頭皮の血行を良くする

イクオスには上記の成分もバッチリ含まれています。

イクオスは毛穴から細胞の奥まで浸透する

頭皮の状態が悪いと、いくら効果のある製品を使っても毛穴の奥まで浸透しません。もったいないですよね。

イクオスでは、頭皮の状態があまり良くない方にも効果を実感してもらうため、低分子ナノ水を採用しています。

イクオスに配合されている約60類の育毛成分が毛穴の奥まで浸透しますので、効果が期待できます。

女性専用育毛剤として人気の高いマイナチュレでも低分子ナノ水は採用されていません。ここにもイクオスの優秀さを感じます。

イクオスに副作用はないの?女性でも大丈夫?

育毛剤を使う上で特に心配なのが、成分によって頭皮がかぶれたり、炎症を起こしたりして副作用がでることだと思います。

結論を言いますが、

イクオスに含まれれる61種類の成分には副作用がでるような危険な成分は配合されていません。

イクオスには頭皮の環境を悪化させる成分は一切含まれていませんし、添加物や保存料も含まれていません。
無香料無着色なので、匂いに敏感な方も安心して使うことができます。

妊娠中・授乳中の女性はサプリを控えるべき?

育毛剤イクオスは、出産後の抜け毛にも効果があるので産後の使用も可能です。公式サイトでもそのように記載されていますので、安心です。

ただし、サプリは注意が必要!

イクオスサプリに含まれる成分には、男性ホルモンを抑える働きがあります。

男性ホルモンを抑えると聞いても問題がないように感じますが、ホルモンバランスを変えるということ。ある意味不自然なことをしているのです。

ホルモンバランスが変わることで、胎児や乳児の発育に必要な栄養が行き届かない可能性があります。

有害というわけではありませんが、「何らかの悪影響が出る可能性がある」ため、使用は控えた方が良いでしょう。

妊娠中または授乳中の女性は、サプリを控えるようにしましょう。

成分の一つである「ノコギリヤシ」はどんな効果があるの?

イクオスサプリには、「ノコギリヤシ」という植物の成分が含まれています。これは、様々な育毛サプリに含まれている有名な成分です。

この成分に関しては何度も実験がされていて、人体に悪影響が無いことは確認されています。

しかし、基本的に被験者は男性。女性が摂取した時にどのような症状が現れるかまでは検証されていないのです。

ノコギリヤシサプリの説明書きを確認してみた

ノコギリヤシを使ったサプリは多くありますが、今回は小林製薬から発売されているサプリの説明書きを確認してみます。

小林製薬は日本の大きな製薬会社なので、信頼して良い会社でしょう。

ノコギリヤシサプリの説明書きには、このように書かれていました。

「※妊娠及び授乳中の方はお召し上がりにならないでください。」

公式の説明書きで、このような注意がされていました。やはり、妊娠中や授乳中の女性はノコギリヤシを使ったサプリを摂取しない方が良さそうです。

また、公式サイトのQ&Aコーナーには以下のような記載がありました。

「ノコギリヤシエキスは、女性ホルモン様作用がある成分です。妊娠中、授乳中の方が摂られた場合の確認が十分にできておりませんので、摂取はお控えください。」

説明書きにも公式サイトにも「妊娠中、授乳中は摂取しないでください」と書かれています。ノコギリヤシは妊娠中や授乳中に摂取しないように気をつけましょう。

女性ホルモン様作用とは?

公式サイトに「女性ホルモン様作用」と書かれていますが、これは一体どのような作用でしょうか。

女性ホルモンには様々なものがありますが、中でも代表的なホルモンにエストロゲンとプロゲステロンがあります。

女性の身体は、この2つが相互に作用しながら健康状態を保っています。どちらかが多くなると体調を崩したり、生理不順になったりします。

大豆は女性ホルモン様作用があると言われています。そのため、簡単に説明すると「大豆を食べ過ぎるとエストロゲンが増えすぎたような症状になる」のです。

大豆を食べ過ぎると、ホルモンバランスが崩れて体調が悪くなることがあります。

さらに、女性ホルモンが増えるだけでなく、男性ホルモンが抑制される働きもあります。

女性ホルモン様作用のある物を摂取しすぎると、女性ホルモンが増えすぎた状態or男性ホルモンが少なすぎる状態になる可能性があるのです。

そのため、妊娠中や授乳中はホルモンバランスへの影響を考えて、摂取する栄養素を考える必要があるのです。

妊娠中・授乳中の女性がイクオスサプリを控えるべき理由は?

・イクオスサプリに含まれているノコギリヤシの成分は、女性ホルモン様作用がある
・女性ホルモン様作用は、ホルモンバランスを乱す可能性がある

妊娠中や授乳中はイクオスサプリの摂取を控えるべきなのです。

ちなみに、1日に摂取するイクオスサプリは3粒ですが、その中には約300mgのノコギリヤシが含まれています。

先ほどご紹介した小林製薬のノコギリヤシサプリは、1日に2粒摂取するとノコギリヤシを320mg摂取できる計算になります。

イクオスのサプリと小林製薬のサプリは、ノコギリヤシの量で見るとだいたい同じくらいですね。

ノコギリヤシは薬ではなくサプリメント。サプリメントは食品扱いなので、1日の摂取量は決められていません。

しかし、1日に300mgも摂取するわけですから、身体に影響は出ます。そうでなければ、育毛効果も得られませんよね。

育毛効果が得られているまたは得られる可能性がある時点で、ノコギリヤシの成分が身体に何らかの影響を及ぼしているのは確実なのです。

ノコギリヤシの効果について、もう少し詳しく見ていきましょう。

ノコギリヤシは、男性ホルモンに影響を及ぼす

ノコギリヤシはホルモンに影響を与える成分です。具体的には、以下のような症状があります。

  • 前立腺肥大症の改善や予防
  • 頻尿の改善や予防
  • 抜け毛の予防

前立腺肥大症は歳を重ねるごとに増える男性特有の病気です。前立腺が大きくなることで排尿障害を引き起こします。原因は加齢によるホルモンバランスの乱れと言われています。

男性の薄毛(AGA)も加齢によるホルモンバランスの変化の影響を受けています。

ノコギリヤシを摂取すると男性ホルモンに影響を与えるため、薄毛以外にも効果があるのです。

DHTが引き起こすホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンの乱れは薄毛だけではなく、前立腺肥大症などにも繋がります。これらのホルモンバランスの乱れは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる成分の影響です。

男性の体内には「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンがあるのですが、体内にある「5αリダクターゼ」という酵素と結合することでDHTに変換されます。

テストステロンは男性にとって非常に大事なホルモンです。性欲を維持したり、男性らしい骨格や筋肉を作ったりします。

DHTが増えるとテストステロンが正常に分泌されなくなるため、体調のバランスが崩れてしまいます。

DHTが増えてしまう原因は遺伝や加齢の影響が大きいと言われていますが、喫煙や飲酒の影響もあると言われています。

また、ノコギリヤシには5αリダクターゼを阻害する作用もあります。テストステロンと結びついて身体に悪影響を及ぼす5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成量が減少します。

その結果、男性の薄毛(AGA)や前立腺肥大の防止に繋がるのです。

女性の身体にもテストステロンは存在していて、DHTも生成されます。そのため男女ともにDHTの影響を受けます。

妊娠中・授乳中の女性にDHTが必要な理由

これまで「DHTは身体に悪いもの」と説明してきましたが、良い影響もあります。特に妊娠した際には大きな役割を担ってくれます。

男の子を妊娠した場合、DHTが男性機能の生成に影響を与えます。

男の子を身ごもった場合には受精から6~8週間で男性機能が発達しますが、この時期に胎児の体にDHTが不足していると、精巣やペニスに異常が出る可能性があるのです。

妊娠中のノコギリヤシの摂取は、胎児の発育に悪影響を及ぼしてしまうのです。

女性の薄毛にもイクオスは有効!ただし注意が必要

女性の薄毛と男性の薄毛は少しメカニズムが異なりますが、

イクオスは女性の薄毛にも効果があり!

ただし、サプリは妊娠中・授乳中の方は控えるようにしましょう。

それ以外の一般女性には、マイナチュレなどの女性用育毛剤より配合成分がいいイクオスは、使ってみる価値多いにありです!