iqos

育毛剤イクオスは10代20代(高校生&大学生)のハゲ予備軍に効く!?

最近では、10代や20代の若い方にも薄毛で悩む人が増えています。

「イクオスは加齢による薄毛を改善するイメージがあるけど効果があるの?」や、
「若いうちから使う弊害はないの?」という心配があるかもしれません。

この記事では、若くして薄毛で悩む方に人気の「サクセス育毛トニック」と比べながら、若い方にとってのイクオスの効果と問題点をご説明します。

薄毛治療で使われる成分は勃起不全などの副作用もある

病院でも薄毛治療を受けることができますが、病院の薄毛治療に使われる成分には「未成年の使用は禁止」とされているものが多くあります。

20代になると禁止ではなくなりますが、ED(勃起不全)などの副作用が出ることもありますので、若いうちからの薄毛治療は副作用も気になるところです。

10代はプロペシアもミノキシジルも使えない

育毛剤でよく知られているプロペシア(成分名:フィナステリド)や、リアップ(成分名:ミノキシジル)に含まれている成分は、イクオスには使われていません

説明書に「未成年の処方は禁止」と書かれているため、10代の場合はプロペシアやミノキシジルが使えません。

プロペシアについては【未成年に対する適応はない】と表現されており、使用は禁止されていることが分かります。

ミノキシジルについては人気育毛剤のリアップの説明書に【未成年者は使用しないでください】と明記されています。

この2つの成分が含まれている育毛剤は、10代の方はそもそも入手不可能です。

20代はプロペシアの副作用(ED・精子減少)に注意が必要!

20代の方はプロペシアやミノキシジルを使えますが、問題があります。それは、プロペシアにはED(勃起不全)や精子減少の副作用があること。

プロペシアには性欲が減ってEDになる可能性があることや精子が減少する可能性があると説明書にも書かれています。

20代でEDになってしまったら、まともにセックスができなくなります。せっかく遊べる時期にEDになるなんて、悲しいですよね。

また、夫婦で妊活を頑張っている方も多いでしょう。もし精子が減少してしまったら、「自分のせいで子供ができない」なんてこともあり得ます。

▼プロペシアの取扱説明書から

20代のうちからEDや精子の減少で悩むのはストレスが大きいことが目に見えているので、病院で処方される薬の副作用には気をつける必要があります。

【関連記事】
【精子異常!?】プロペシアで男性不妊(子供に影響)するってマジ?

イクオスは若い人が使っても副作用の心配ほぼなし!

イクオスは育毛剤もサプリも自然由来の成分を使っていますので、基本的には副作用がありません。

そのため、EDや精子減少の心配もありません。イクオスは若い人にとってはありがたいですね。

育毛剤イクオスを使えるのは高校生から

公式サイトを確認すると、「小・中学生がイクオスを使う場合は医師に相談する必要がある」と記載されています。

小・中学生の身体は未熟ですので、外部からホルモンに影響を与えることは避けた方が良いためです。

高校生になるとある程度身体もできあがってきますので、使用しても問題無いようです。

何度かご説明している通り、イクオスの成分は天然由来のもの。基本的には副作用がありません。

しかし、それでも肌の弱い方はアレルギーを起こすこともありますし、頭皮に違和感を感じることもあります。

イクオスには返金保証制度が用意されているため、何か異常があった場合にはこの制度を利用することをおすすめします。

安い買い物ではないので、制度を上手に利用しながらイクオスに挑戦してみましょう。

イクオスサプリEXは20代からの摂取が妥当

公式サイトを見る限り、「子供にはサプリをおすすめできない」とのこと。理由は、身体が未熟なうちにサプリ摂取した場合の影響が分からないからです。

サプリはホルモンバランスを変えるので、そもそもホルモンバランスが乱れがちな10代の人が摂取するのは危険です。

サプリは20代になってから使うようにしましょう。

イクオスサプリに配合されているノコギリヤシとは?

サプリには「ノコギリヤシ」という成分が含まれています。これは育毛サプリによく含まれている成分で、プロペシアに近い働きをします。

プロペシアといえばEDや精子減少に影響する成分ですから、副作用が心配ですよね。

以前、アメリカでノコギリヤシが人体に及ぼす影響について実験が行われました。

その内容は、ノコギリヤシを1日当たり960mgで半年間摂取し続けるというもの。結果は副作用が出なかったようです。

ちなみに、イクオスサプリには300mg/日のノコギリヤシが含まれています。

1日960mg摂取しても副作用が出ないので、イクオスサプリも過度に副作用の心配をする必要は無さそうですね。

サクセス育毛トニックとイクオスはどちらがおすすめ?

サクセス育毛トニックは、若者に人気の安価な育毛剤です。その価格は1,000円を切るほどなので、お金の無い学生に人気です。

一方、イクオスは割引を最大限利用しても1本6,000円を超えます。

イクオスは学生にとっては少し高いですよね・・・

サクセス育毛トニックは成分でイクオスに負ける

成分について見てみると、イクオスの方が圧倒的に上です。

イクオスには育毛に効果のある有効成分が61種類配合されていますが、サクセス育毛トニックは約10種類しかありません。

値段が安いので仕方ないのですが、効果が出なければいくら安くても意味がないですよね。

薄毛の理由は人それぞれですし、生活習慣によっても大きく異なります。

やはり、有効成分が多ければ多いほど薄毛が改善される可能性も高まります。

本気で薄毛を改善したい方はイクオスを使った方が良いでしょう。

サクセス育毛トニックは有害な成分が入ってる?

サクセス育毛トニックの配合成分を見てみると、「BG」と書かれています。

これは防腐剤のことで、頭皮にダメージを与える可能性があります。

イクオスは店頭販売していないので防腐剤を入れる必要がありません。

サクセス育毛トニックはドラッグストアなどで店頭販売しているため、どうしても防腐剤を入れる必要があるのです。

イクオスの方が安全なのです!

育毛剤は高校生以上、サプリは20代になってから!

結論!イクオスは、若い人の薄毛にも効果があります。

しかも、基本的には育毛剤にありがちな副作用の問題も不要!

サクセス育毛トニックよりも高い効き目があるでしょう。しかし、成長期の10代にとっては不安な面もあります。

イクオス育毛剤を使う場合は高校生になってから、サプリを飲むなら20代になってからにしましょう。